2008年4月号
特集  - キャリアパス多様化
化学メーカー中心に博士採用は増加
課題は博士人材の質
顔写真

府川 伊三郎氏 Profile
(ふかわ・いさぶろう)

旭化成株式会社 顧問
本誌編集委員


「博士」の付加価値が不明確なため企業が採用に消極的で、優秀な人材が博士課程に進学しないという問題に対し、日本経団連は昨春、大学、政府、企業がそれぞれなすべきことを提言。日本化学会は、企業のことを早めに知ってもらうことを目的に「博士セミナー」を開催した。このセミナーの狙いは「いい人なら採用しますよ」というメッセージを送ることだった。化学メーカーによる博士の採用は増えているが、事態が改善したわけではない。

写真

府川 伊三郎氏(ふかわ・いさぶろう)
     旭化成株式会社 顧問 本誌編集委員

大学の博士課程在学生は平成2年から10年間で2倍以上に増え、それ以降も少しずつ増えている。学生自身のアカデミア志向もあり、高度な専門性を有する多くの人材が大学など研究機関以外で活躍するというようにはなっていない。大学は多様な進路を念頭においた教育に積極的には取り組んでいない。一方、産業界全体でみると、企業は博士人材の採用に消極的で、「産」と「学」のミスマッチは著しい。産業界は、ポスドクに代表される理工系の高学歴人材のキャリアパス、大学と産業界の関係などについてどう考え、対応しているのか。社団法人日本経済団体連合会・産学官連携推進部会委員で社団法人日本化学会理事・博士セミナー実行委員長の府川伊三郎氏(旭化成株式会社顧問)に聞いた。

日本経団連が大学、政府、企業のなすべきことを提言

●府川さんは野依良治さんの野依フォーラムにもかかわっていらっしゃいましたが、産業界のこれまでの対応は。

府川 フォーラムは化学、医薬品会社が参加しているが、その「プロジェクト博士」という分科会で博士人材の育成と活用に関する検討を進め、2006年に提言をまとめた。一方、日本経団連は博士課程検討会を設置。そこで、産学のミスマッチを解消し、「博士人材の付加価値が不明確」→「企業が採用に消極的」→「優秀な人材が博士課程に進学しない」という悪循環を好循環にシフトする方策を議論し、野依フォーラムの提言も盛り込む形で、2007年3月に提言を発表した。そのポイントは、大学、政府、企業がそれぞれ「博士課程への入口」「博士課程における研究・教育プロセス」「博士課程の出口」において対応すべきことを掲げている。企業の場合、「入口」では、修士課程修了者の採用選考を早期に始めないこと、「研究・教育プロセス」では学生が企業・社会を学ぶ機会の提供(長期インターンシップへの協力やセミナーの開催など)、さらに「出口」では優秀な博士号取得者を積極的に採用すること-となっている。

●日本化学会の博士セミナーはその流れで開催されたのか?

府川 このセミナーの対象は「博士課程1年生」と「修士在学中で博士課程への進学が決まっている人」で、2007年11月の東京会場、2008年1月の大阪会場で計150人が受講した。企業のことを早めに知ってもらうことにより、優秀な博士課程卒業生が企業により多く就職し活躍することが目的である。

●化学関係は、理工系のなかでは比較的、企業へのキャリアパスが整備されているといわれているが。

府川 セミナーの大きな狙いは「いい人なら採用しますよ」というメッセージを送ることだった。事実、一昔前に比べると化学メーカーによる博士の採用は増加している。大手メーカーの採用者に占める博士の比率は15%程度から、多いところでは20%にもなっている。各企業の研究所に配属される新卒だけでみるとかなりの比率になっているのではないだろうか。化学メーカーはかつては技術を外国などから導入することや欧米をお手本とするフォローアップ研究が多かったが、今はフロンティア研究が中心で、ゼロから問題を設定できる能力が求められている。そうしたイノベーションを担う高度な専門能力と幅広い知識を持つ人材が欠かせない。環境は大きく変わっている。「物理」でも力のある人は企業に就職できるという。ただし、バイオ・ライフサイエンス関係はポスドクなどの人数が多い割に新しい産業が発展していないなど問題が多い。

企業の博士卒研究者の話などが人気

●博士セミナーを受講者の感想は。

府川 特に評判がよかったのは、研究マネジャーのパネルディスカッション「博士の期待像」、企業の若手博士卒研究者5人によるパネルディスカッション「博士卒先輩からのアドバイス」と、10人ずつのグループ討議。夜の懇親会も盛り上がった。論文研究に追われ研究室内での研究に明け暮れている学生が多く、先輩の話を幅広く聞いたり仲間と交流する機会が少ないためだろう。われわれとしても、参考になった。

●化学分野で企業の博士人材ニーズが高くなっているということは、事態が改善しているということか。

府川 必ずしもそうとはいえない。一方で、修士、博士人材のレベルが低くなっているともいわれているからである。化学メーカーの場合、修士人材は採用してから高分子化学や化学工業などについて、自社で教育しているケースが多い。大学の博士課程は、定員の充足率が70%弱である。「アカデミアのポストが限られている」といわれているうえ、企業にもなかなか就職できないので、博士課程に進学する人が少なくなっている。わが国のイノベーションを担う優秀な人材が博士課程に集まらないのだ。解決すべき課題は多い。日本経団連提案の出発点に戻らざるを得ない。

●ありがとうございました。

聞き手・本文構成:登坂 和洋(本誌編集長)