テューリンゲン州-浜松 オプトロニクスシンポジウム2011 http://www.optronics-cluster.jp/whatsnew/index.cgi?mode=view&noall=51 オークラアクトシティホテル浜松 4階 平安の間Ⅰ 静岡県 浜松市中区板屋町111-2 80名 無料 テューリンゲン経済振興協会  我が国トップレベルの光技術産業の集積地を目指す浜松地域では、独立行政法人日本貿易振興機構(以下ジェトロ)の支援を受けながら、カールツァイス社等の世界的光学機器メーカーが集積するドイツ・テューリンゲン州と産業交流を進めており、昨年3月には、財団法人浜松地域テクノポリス推進機構とテューリンゲン経済振興協会、社団法人オプトネットとの間で「産業交流協定」を締結しました。  さて、この度テューリンゲン州光関連企業使節団の来日に伴い、「テューリンゲン州―浜松 オプトロニクスシンポジウム2011」をテューリンゲン経済振興協会(LEG)の主催により下記の通り開催する運びとなりました。  皆様方には、本オプトロニクスシンポジウムを通じ、今後さらなる連携を進めていきますテューリンゲン州の光産業の実情に触れて頂きたく存じます。  つきましては、ご多忙とは存じますが、この最良の機会に是非とも本シンポジウムにご参加くださいますよう、お願い申し上げます。 =================================================== 【日 時】平成23年3月3日(木)10:00~12:15(開場:9:30~) 【開 場】オークラアクトシティホテル浜松 4階 平安の間Ⅰ     (浜松市中区板屋町111-2) 【参加費】無料 【定 員】80名 【言 語】日英同時通訳 【プログラム】  ■挨拶(10:00~10:15) ・Dr.アルヌルフ・ヴォルフ  (テューリンゲン経済振興協会/常務取締役) ・石村和清  ((財)浜松地域テクノポリス推進機構/オプトロニクスクラスター本部 本部長)  ■講演(10:15~10:35) 「ドイツのレーザーテクノロジーなどを使った革新的なオプトエレクトロニクス製品」 ・クラウス・シュトルベルク  (イエナオプティック社/アプリケーション・マネージャー)  ■講演(10:35~10:50) 「電子線励起(EXA)光学顕微鏡の開発」 ・川田 善正 教授  (静岡大学工学部)  ■講演(10:50~11:05) 「スペクトロネット(SpectroNet)モバイルにおけるマルチカラーセンサーとスマートビジョンセンサーグリーン・ビジョン・クラスターの取り組み」 ・ディートリヒ・ホフマン教授  (テクノロジー&イノベーションパーク・イエナ社 / マネージャー) ■企業プレゼンテーション(11:05~12:05) ①サブリナ・マティアス  (アスフェリコン社(asphericon GmbH)/ セールス・マネージャー) ②藤田 明  (浜松ナノテクノロジー株式会社 / メディア戦略室) ③ルディヤルド・ウルテーチョ  (ピエゾシステム イエナ社(Piezosystem Jena GmbH)/ 営業部長) ④朴 鍾皓  (株式会社ブルックマン テクノロジ) ■質疑応答(12:05~12:15) 【主催】テューリンゲン経済振興協会(LEG) 【共催】財団法人浜松地域テクノポリス推進機構 【後援】在日ドイツ商工会議所 =================================================== 【申込方法】 「参加申込書」に必要事項を記入し、FAXまたはメールにて3/2(水)までにお送り下さい。 フォーラム・シンポジウム 浜松地域テクノポリス推進機構 053-489-9111 053-452-0016 higashi@hamatech.or.jp