第2回日中糖鎖研究シンポジウム http://www.riken.jp/r-world/research/symposium/100407.html 独立行政法人理化学研究所 大河内記念ホール(4月7日), 統合支援施設2階大会議室(4月8,9日) 埼玉県 和光市広沢2-1 独立行政法人理化学研究所(システム糖鎖生物学研究グループ,糖鎖構造生物学研究チーム) 日時: 平成22年4月7日(水) 16:00−18:00  4月8日(木) 9:30−17:30  4月9日(金) 10:00−11:00 場所: 独立行政法人理化学研究所 大河内記念ホール(4月7日), 統合支援施設2階大会議室(4月8,9日) http://www.riken.jp/r-world/riken/campus/wako/index.html#map 主催: 独立行政法人理化学研究所 (システム糖鎖生物学研究グループ,糖鎖構造生物学研究チーム) 内容: 糖鎖は生命現象の様々な局面で重要な役割を果たしていることが近年明らかとされてきている。それゆえ、糖鎖の研究は各論的研究のみならず、様々な分野・視点からアプローチすべきである。本シンポジウムでは、糖鎖の機能を解明するために、どのようなアプローチで攻めればいいのか、どのような視点から問題を捉えるのかを議論する予定である。特定の実験手法・技術にとらわれるのではなく多面的なアプローチ・異分野の融合研究からどのような結果が生み出されるかを日中の糖鎖研究者の発表から討論したい。 ■お申し込み・詳細 http://www.riken.jp/r-world/research/symposium/100407.html 【事前申し込み不要】 ■お問合せ先  独立行政法人理化学研究所 糖鎖構造生物学研究チーム 〒351−0198埼玉県和光市広沢2−1 Tel:048-467-9619 Fax:048-467-9620 e-mail:yyoshiki@riken.jp フォーラム・シンポジウム 独立行政法人理化学研究所 糖鎖構造生物学研究チーム 〒351−0198埼玉県和光市広沢2−1 048-467-9619 048-467-9620