※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2005年8月号に掲載されたものです。

鶴島 稔夫
(つるしま としお)

九州半導体イノベーション協議会 副会長・企画運営委員長
(財)くまもとテクノ産業財団 研究理事
九州大学名誉教授




産学官連携ジャーナルの記事

経歴 / Career  
1935年 東京都生まれ
1960年 通商産業省工業技術院電気試験所(当時)入所 電力用半導体デバイスの開発・応用、イオン注入法の実用化などの研究に従事するほか、各種国家プロジェクトに参画し、その推進を担当・統括、わが国半導体産業技術の革新と発展に寄与
1991年 九州大学教授
1999年 (財)熊本テクノポリス財団研究理事、現在に至る

委員 / Committee  
産業構造審議各部会ほか政府関係機関の委員等を歴任

受賞 / Award  
電気学会業績賞(1998年)ほか