※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2006年7月号に掲載されたものです。

板東 武彦
(ばんどう たけひこ)

新潟大学 理事・副学長(研究担当)

URL:http://www.niigata-u.ac.jp/
E-mail:bando(at)adm.niigata-u.ac.jp


産学官連携ジャーナルの記事

経歴 / Career  
1940年東京生まれ。
1966年東京大学医学部卒業、大阪大学基礎工学部、山梨医科大学を経て、2006年まで新潟大学教授。
2004年から新潟大学理事。

日本生理学会・神経科学学会・自律神経学会などに所属。

専門は神経生理学(眼球運動の脳内機構や複雑な視覚刺激が生体に与える効果の研究など)であるが、映像刺激が人体に与える影響について東北大学、早稲田大学、産業技術総合研究所、関連企業、日本眼科医会などと共同で研究し、国際規範文書の作成にもかかわっている。