※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2011年2月号に掲載されたものです。

渡邉 俊樹
(わたなべ としき)

東京大学大学院 教授、新領域創成科学研究科
メディカルゲノム専攻長


URL:http://www.k.u-tokyo.ac.jp/mgs/
E-mail:


産学官連携ジャーナルの記事

経歴 / Career  
昭和44年 北海道立岩見沢東高校卒業
昭和54年 東京大学医学部医学科卒業
昭和57年 癌研究会癌研究所ウイルス腫瘍部研究生
昭和60年 東京大学助手(医学部第4内科)
昭和62年 医学博士
米国スクリップス研究所研究員
昭和63年 癌研究会癌研究所研究員
平成 2年 東京大学医科学研究所病理学研究部助教授
平成15年 東京大学大学院教授 新領域創成科学研究科
メディカルゲノム専攻病態医療科学分野
平成18年 メディカルゲノム専攻 専攻長
主な研究領域 / Field  
HTLV-1の発癌機構、ひとレトロウイルス潜伏感染機構、悪性リンパ腫のシグナル伝達異常、分子標的療法
社会的活動歴 / Activity  
日本血液学会評議員
日本癌学会評議員
日本病理学会評議員
HTLV-1研究会 会長 (平成20年(2008)~)
国際レトロウイルス学会理事(2001-2007)(第13回(2007年)国際ヒトレトロウイルス学会 会長)
国際比較白血病学会 (International Association for Comparative Research of Leukemia and Related Diseases, IACRLRD)会長(平成21年(2009)~、第25回(2011年)国際比較白血病学会(25th IACRLRD Tokyo)会長)
「HTLV-1感染総合対策等に関する有識者会議」議長(平成21年6月~)
「HTLV-1特命チーム」メンバー(平成22年10月~)
受賞歴 / Awards  
平成19年(2007) International Retorovirology Association David McFarlin Award
平成20年(2008) 第13回比較腫瘍学常陸宮賞 受賞