2007年5月号
巻頭言
顔写真

松田 岩夫 Profile
(まつだ・いわお)

参議院議員




思い切った改革を -日本をイノベートするために-

イノベーションはいまや世界の合言葉である。その実現のために、各国とも必死の努力である。例えば、韓国では、優秀な人材を早い段階からよりすぐり、20のサイエンスハイスクールに入れ、飛び級制を採用して、約70%の生徒が2年で修了・卒業してしまう。この徹底したエリート教育。 シンガポールでは、薬物や動物実験などに関する規制が柔軟で、他国ではできない研究環境を提供している。また、治験の時間を非常に短くして、世界の製薬メーカーに工場進出を促している。この徹底した規制改革。 中国も「創新型国家」へと奔走中。清華大学の陳希書記は私にこう語った。「スタッフのうち、半分近くが海外で博士号を取得しており、大学の在り方を大きく変えている。最近では、特に米国の有名大学のノーベル賞級の人材を学長の給料の5倍から10倍払って採用している」と。この徹底した能力主義

世界のトップをいく米国はどうか。マサチューセッツ工科大学(MIT)のホックフィールド学長は私にこう述べた。「MITは長年にわたり産業界と連携してきた。そのため、学長就任当初のもっとも重要な私の仕事は、世界中の企業のCEOに挨拶回りをすることであった」と。この徹底した産学連携。 また、ボストン地域は、今や全米で最もライフサイエンス関係の組織が集積する場所だ。マサチューセッツ・バイオテクノロジー協会のフィネラン会長は、「このクラスター形成のもっとも重要な背景は、研究の種と同時に、ベンチャーキャピタルの存在である」と述べた。このベンチャーへのファンディング機能の強さ

さて、わが国においてはどうか。つとにイノベーションの重要性が喧伝(けんでん)され、これを推進しようとしていることは間違いない。第3期科学技術基本計画、イノベーション創出総合戦略、経済成長戦略、そしてイノベーション25戦略会議の報告など、極めて明確なアイディアや政策が示されている。しかし、大事なのは、その一刻も早い実行、具体化である。旧来のやり方、考え方にとらわれていてはとても実現できない。いま述べた各国の徹底した姿にも学び、官民の総力を挙げて、革命的改革によって、日本をイノベートしていこうではないか。