2008年4月号
特集  - キャリアパス多様化
東北大学
博士に付加価値をつけて社会に送り出す
顔写真

高橋 富男 Profile
(たかはし・とみお)

東北大学 産学官連携推進本部
高度技術経営人財キャリアセンター
副センター長

東北大学の高度技術経営人財キャリアセンターは、「博士」に付加価値をつけて社会に送り出すのが目的だ。実務体験が豊富な企業人を招いた「高度技術経営塾」を実施し、ポスドク等の若手研究者や博士課程後期の学生のキャリアアップ計画作成に役立てる。また、「キャリアアップ相談室」を設置し、専門のカウンセラーが個別相談に応じ、ビジネスマッチングの支援なども行っている。

東北大学の高度技術経営人財キャリアセンターは、文部科学省の「科学技術関係人材キャリアパス多様化促進事業」に採択され、平成18年度に設置したものである。同センターの中に、実体験を通してマネジメントやリーダーシップなどを体得するための「高度技術経営塾」や、キャリアアップを目指す人たちと個別に面談してアドバイスや就職支援をする「キャリアアップ相談室」を設置し、人材育成およびキャリアアップ支援を行っている。

体験豊富な企業の実務者を招く

「高度技術経営塾」は、『わかる』、『できる』、『うごける』という社会が期待している人財育成を行うことが目的。カリキュラムとして一流企業の経営者や人事部長、技術部長等の経験者をはじめ、実践体験豊富な実務者を講師として招聘(しょうへい)し、企業における若手技術者の任務や期待などに関する生の情報を提供している。座学のみではなく、ケーススタディーやグループ討論、合宿研修の形式をとっている。これにより、塾生自らが、気付きや自己のキャリアアップ計画を作成しチャレンジする仕組みである。

図1

図1 東北大学高度技術経営人財キャリアセン
     ターのスキーム

年間で100時間余の必修講義(毎週3時間)とレポートや宿題があり、最後に「卒塾論文」の提出が義務付けられている。塾のカリキュラムは、「技術経営実践コース」、「プロジェクトマネジメントコース」、「新事業企画実践コース」、「組織マネジメントコース」などから構成され、社団法人企業研究会、特定非営利活動(NPO)法人日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)などの外部機関から協力をいただいている(図1)。

塾生は、ポストドクター等の若手研究者のみならず、大学院博士課程後期の学生および東北地域の大学からも希望があれば受入れている。塾生は、さまざまな部局から来ているため、異分野融合が図られて自然と視野が広まる仕掛けになっている。

図2

図2 高度技術経営塾の狙い

ポストドクターなどの「高度技術人材」が、「高度技術経営塾」を修了することにより、「高度技術経営人財」へと磨きがかかり、キャリアアップし、広く社会で活躍できることを期待している(図2)。

また、「キャリアアップ相談室」は、専門のカウンセラーが常駐し、個を重視したキャリアアップの相談に加えて、ビジネスマッチングの場の設営、企業見学会なども行っている。さらに、企業訪問による就職先開拓なども行っている。

2年目は33人の就職者

塾の性格上、30名を定員としているが、研究等の都合で塾には入れないが就職を希望する学生やポストドクターを准塾生としてキャリアアップ相談室への登録を受け付けている。平成19年度の登録者は40名である。

これらの活動により、初年度(平成18年度)は11名、2年目(平成19年度)は33名の就職者(内定者を含む)がでている。また、受け入れ先企業の社長や人事部長からは、「マネジメントやコミュニケーション能力が優れており、即戦力として活躍してもらっている」とのコメントをいただいている。

文部科学省から、「目標とする人材像が明確であり、カリキュラムも改善・工夫がなされて充実している。—中略—ノウハウを大学院教育プログラムに組み込んでいく等、事業終了後も見据えたさらなる発展を望む」というコメントをいただいた。本事業が終了する平成21年度以降は、大学として教育カリキュラムに取り込むことで検討に入っている。