2009年11月号
イベント・レポート
第3回 産学官民コミュニティ全国大会 in あおもり
全国につながる「産学官民コミュニティ」の輪

2009年9月26日、澄み渡った秋空の下、地元青森県はもとより全国各地から約270名が一堂に介し、「第3回 産学官民コミュニティ全国大会 in あおもり」が「津軽富士」岩木山を眺望する弘前大学で開催された。

一昨年の岩手大学、昨年の大阪大学に次ぐ今回で3回目となる開催であるが、産学官民連携に取り組む全国で活動する同じ想いを持った同士が一堂に会し、業種や分野、所属や肩書、年齢、性別、地域を超えて、「みんな、『けやぐ(津軽弁で強いきずなで結ばれた心の友という意味)』になろう!!」を合言葉に、地域活性化に向けたさまざまな取り組みを報告しあいながら、交流を深めた。

弘前大の取り組みを紹介

プログラムは、主催者である実行委員会委員長カネショウ株式会社櫛引利貞代表取締役社長からのあいさつで始まり、弘前大学遠藤正彦学長の基調講演が続いた。独立行政法人化(独法化)前から現在まで自身の取り組みも含め、その時々の背景や問題点なども指摘されながら産学官連携について話をされた。独法化前に試みられた産学官連携は課題も多かったが、独法化後、社会貢献が国立大学の第3の使命になったこと、また、外部資金獲得の必要性から産学官連携の独立組織の設立や地域とのネットワークの構築、関係諸制度の制定等の取り組みなどが積極的に行われ、特に、創立60周年記念会館として産学官連携・社会貢献の拠点となっている「コラボ弘大」の設立や、県内企業等が弘前大学の教員と共同で実用化に向けた課題解決を目指す研究に対して研究費等を支援する「弘大GOGOファンド」の実施などの取り組みについて紹介された。

写真1

弘前大学 遠藤正彦学長の基調講演

その次は恒例になった、文部科学省、経済産業省からの応援メッセージ。柳孝研究環境・産業連携課長からは「産学官連携の現状と今後の展望」と題して、文部科学省として産学官連携をどのように考え、どのように進めていくのか、「産学官連携関連施策の概要」と「現状と(さらなる深化に向けての)今後の方向性」「今後の施策」について、また、滝本徹地域経済産業政策課長からは「地域経済の活性化策について」と題して、産業クラスター政策、農商工連携、ソーシャルビジネスといったトピックス、そして施策の紹介があった。

青森方式の連携の成果
写真1

大会のメインである大交流会

全体会の最後は、地元青森県の産学官民連携の取り組み事例について、コラボ産学官青森支部と地方独立行政法人青森県産業技術センターからの活動紹介。コラボ産学官青森支部からは、地域のことを誰よりも知っている信用金庫がメンバーとなり「お客さま本位」の企業活性化活動を実施、スタッフと外部人材が連携して [1]課題解決策を具体化する [2]事務所・工場で相談に乗る [3]産学官の関係者と同行する、という青森方式の連携により具体的な売り上げ増加などの成果に結び付いていること、また青森県産業技術センターからは、今年4月に工業、農業、林業、水産業、食品加工関連の公設試験研究機関を統合して設立されたこと、青森県は日本トップクラスの農林水産物を産出するなど食料に強い県であり、統合のメリットを最大限に活用した部門を超えた農工連携研究の事例として、りんごを活用した美容製品の開発、LEDを利用したいか釣り漁法の開発、長芋のインフルエンザ感染予防食品の開発などの紹介があった。

その後、休憩を挟んで、全国各地で産学官民等の連携により地域の活性化に取り組む事例を1人10分、5グループ、計50人からなる大プレゼンテーションが行われ、参加者は興味のある事例発表を求めて5会場を行き来しながら移動し、さながら学会のような様子であった。会場内では、産学官連携のネットワークの構築からその取り組み、また、人材育成や創業といった支援、さらには具体的な商品化等の事例などの報告に、参加者は自らの活動の参考にするべく、メモを取るなど熱心に聞き入っていた。そのような中で、ネットワークの活用事例や(言えないことが言える)よそ者と地域がいかに連携するかといった言葉が印象に残った。

交流の新しい芽も

そして最後、本大会のメインは何と言っても大交流会である。200名以上が参加し、おいしい食べ物とお酒を前にすると人は素直(?)になるもの。地元の食材を使った料理にお酒、地元の特産品を前にして、参加者は、知った顔を見つけ、また、新たに知り合い交流を深めていった。このような場から新しいつながり、芽が創られていくのである。

その場で次回の岡山大学での開催が決定し、岡山大学研究推進産学官連携機構の村上英夫副機構長から開催に向けた意気込み、来年、再び岡山で会うことを約束して閉会。話は尽きず、交流を深めるために弘前大学を後にした。

(遠藤 達弥:財団法人全日本地域研究交流協会 事業部次長)

第3回 産学官民コミュニティ全国大会 in あおもり
開催日:平成21年9月26日(土)
会 場:弘前大学 文京町キャンパス
主 催:「第3回 産学官民コミュニティ全国大会 in あおもり」実行委員会
(構成団体)ひろさき産学官連携フォーラム、青森県工業会、青森県産業技術センター、青森銀行、みちのく銀行、コラボ産学官青森支部(青森県信用金庫協会)、フューチャーベンチャーキャピタル、青森県、21あおもり産業総合支援センター