知的財産の帰属(平成17~20年度)

 知的財産の帰属については、大学の区分により状況が大きく異なる。平成17年からの4年間では、国立大学の9割以上は原則機関帰属であり、平成20年には96%となっている。公立大学でもその割合は年々高くなり、平成20年度は64%となっている。私立大学においては、機関帰属は3割程度であり、いまだ多くが未設定である。

資料)文部科学省「大学等における産学連携等実施状況について」平成18、19年度