特許出願件数 上位20国(2006)

 2006年の特許出願件数では、日本が最も多い514,047件、次にアメリカの390,815件となっており、これらの国は世界の特許出願数の大きな割合を占めている。2000年と比較すると、上位20カ国の全てでその数は増加しており、なかでも韓国、中国、オーストラリア、インドの伸びが大きい。

資料)WIPO 「World Patent Report - A statistical review, 2008」(PDF)