大学/大学院 分類別 学生数(平成21年)

 大学区分別の学生数は、学士課程では私立77%とその比率が大きく、続いて国立18%、公立5%である。課程が進むにつれ、国立の学生数の比率が大きくなり、博士課程では、国立69%、私立25%、公立6%となっている。また、課程別の学生数では、学士90%、修士6%、博士3%、専門職学位1%の比率である。学科・専攻分野別では、社会科学の学生数が約94万人と最も多く、全体数の34%、理工系では工学の学生数が約48万人と多く、全体数の18%を占める。大学院のみの内訳では、工学、保健の学生数が多く、全体として理工系の学生数が人文科学、社会科学に比べて多くなっている。

資料)文部科学省「学校基本調査」平成21年度